HTMLコーディングの外注・アウトソーシングはコーディングラボ

ご相談・お問い合わせ Contact


Web標準のメリット

Web標準(WebStandards)コーディングとは

WEB標準とは、W3CやISOなどの国際標準化団体が策定した仕様に基づく、WEB技術の総称です。WEBサイトの制作においては、W3Cの仕様にそった正しい「(X)HTML」で文書構造をマークアップして、視覚表現(見栄え)は「CSS」で制御することが、WEB標準コーディングへの取り組みになります。

Web標準コーディングのもたらすメリット

  • 検索エンジン最適化(SEO対策)
  • アクセシビリティの向上
  • アクセス集中への対処(通信帯域の有効活用)
  • htmlファイルの読み込み速度の高速化
  • 更新作業におけるメンテナンス性の向上
  • リニューアル時の負荷軽減
  • 前方/後方互換性の確保
  • 正確な情報配信というブランド力の向上

Web標準コーディングが、単に策定された仕様に忠実に則るという目的だけでなく、上記に挙げたメリットを享受する目的として、
Web標準コーディングは今は必須と言えます。

HTMLとXHTMLとの違い

Web標準コーディングが、単に策定された仕様に忠実に則るという目的だけでなく、上記に挙げたメリットを享受する目的として、Web標準コーディングは今は必須と言えます。